レーザー治療

レーザーを用いることで、痛みをできる限り抑えて、
むし歯や歯周病治療などを行うことが可能です。

レーザー治療ってどんなこと?

  • レーザー治療の安全性について

    レーザー治療の安全性について

    歯科で使用されるレーザー装置は、痛みが出ないようにコントロールして使うことのできる装置です。装置の種類によっては、痛みを少なくする効果があるものもあります。歯科治療に用いられるレーザー治療は、ほんの一瞬照射されるだけなので、痛みを感じることなく終了します。「痛みを感じない」とおっしゃる患者様がほとんどです。 しかし、「熱くないよう」「痛くないよう」安全にコントロールして使うことができるようになるには、定期的な技術の訓練が必要です。 レーザーの技術訓練を受けた医院では、より安全にレーザーを扱うことができます。

  • レーザー治療の副作用について

    レーザー治療の副作用について

    レーザーを歯や歯肉に照射しても、特に副作用はありません。
    また、レーザーはお体に電気を通さないため、心臓に持病のある方やペースメーカーを使用されている方、高血圧の方、妊娠中の方でも安心して受けることができます。

  • レーザーの有毒性について

    レーザーの有毒性について

    レーザーの光は、レントゲンのような放射線は含まないため、お身体に有害な影響を与えることはありません。 しかし、万が一レーザーの光が直接眼に入った場合、網膜に障害を起こす危険性があります。この危険性を回避するために、レーザー治療を行う際は、患者様の眼を専用のメガネで保護します。
    レーザーの光は、光ファイバーというとても細い導光ファイバーを通って患部に照射されます。そのため、患部以外の部位に影響が出ないよう治療することができます。
    歯の根の治療(根管治療)など、細かい治療にも有効です。

  • レーザーでできる歯科治療

    • むし歯の予防

      歯の溝は複雑で深く入り組んでいるため、そこにたまってしまった食べカスなどは歯ブラシだけでは取り除くのは困難です。レーザーは、歯ブラシが届かないところでも、熱エネルギーで虫歯の原因となる虫歯菌を除去します。また、レーザーによって歯が強くなり、虫歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。虫歯の程度によっては、レーザー治療のみで虫歯の進行を止めたり、除去することもできます。

    • 歯周病の治療

      歯周病は、まず歯茎から血が出たり口臭がひどくなったりします。そのまま放っておくと歯が抜けてしまうこともあります。レーザー治療では、歯と歯茎の間の溝にレーザーの光をあてて歯周病菌を除去します。レーザーの光をあてることで、歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、出血や痛みを抑えます。そのため、早期治療が可能です。ブラッシング指導や歯石除去等、他の歯周病治療と併行してレーザー治療を行なうと、より効果的です。

    • 口内炎の治療

      お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐに和らぎ、治りも早くなります。入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

    • 知覚過敏症の治療

      知覚過敏症とは、虫歯のはないのに、冷たい水を飲んだり歯ブラシをあてると歯がしみる症状のことを言います。これは、象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて、神経が刺激されるのが原因です。
      知覚過敏症をレーザーで治療すると、歯の表面に薄い膜ができて孔(あな)をふさぎ、歯の神経を保護するため、痛みや歯がしみたりすることを防ぐことができます。

    • その他

      その他

      外科処置

      傷口の痛みが少なくてすみます。組織の早期回復効果により、傷口が早く治ります。
      止血効果により、出血もありません。
      傷口の消毒をするため、腫れも少なくてすみます。
      注意:症状により、メスで外科処置をした後にレーザーを用いて止血・殺菌し、治りを早める場合もあります。

      神経の治療

      歯の根は複雑な形態になっているため、機械では届かないところにまでレーザーは届いて殺菌消毒します。痛みがとれなかったり、ウミがとまらない場合でも止まります。治療期間が従来法より短くなります。
      注意:症状の程度や体の抵抗力の違いにより、レーザー治療が数回必要となる場合もあります。

確かな技術世界基準で研鑽しています