小児歯科

たけち歯科クリニックの目標は「むし歯のないたくさんの子に、笑顔で来院してもらうこと」
むし歯を作らないために来院してもらうことが私たちの仕事です。

たけち歯科クリニックの小児治療の考え方

たけち歯科クリニックの小児治療の考え方

  1. 01.なるべく削らず・抜かず
  2. 02.十分な説明と納得の治療
  3. 03.痛みを最小限に抑える
  4. 04.子供や幼児の負担を減らす

たけち歯科では、大切なお子様の歯をできるだけ削りたくないと考えています。そのためには、むし歯にならないように予防していくことが最も大切ではないでしょうか。当院では、むし歯になってしまう前の段階からお子様のむし歯予防に取組んでいます。
大切なことは、お母様が子供のむし歯になりやすい場所をあらかじめ知っておくことで、子供の歯をむし歯から守ることができるということです。

お母様と一緒にお子様の歯を守りたいと考えています。

お母様と一緒にお子様の歯を守りたいと考えています。

むし歯になってしまった場合は、残念ながら削って詰める必要があります。また、むし歯のあるお子様は、まず、むし歯治療から始め、治療が終わってから今後むし歯にならないように定期的に予防処置をしていきます。

お子様が「痛い」と言ってから歯医者に行ったのでは遅いのです。

お子様が「痛い」と言ってから歯医者に行ったのでは遅いのです。

子供のお口の中の特徴は、生えて、抜けて、また生えるといったように大きく環境が変わることにあります。それに伴い子供のむし歯はその状況、環境、さらに時期によってできやすい場所が異なります。また、むし歯の進行が大人に比べて早く、初期の段階で見つけにくいため、あっという間にむし歯が進行してしまうこともよくあります。

お子様が「歯が痛い!」とおっしゃったら多くの場合、むし歯菌が神経まで達していることが多いです。こうなると大人と同じように麻酔をして神経を取る治療が必要です。神経を取る治療はチクチクするし、長く歯医者さんに通わなければいけないし、保険治療では銀歯を入れなければならないし、さらには歯自体も弱くなってしまうし、治療費も詰めるだけの治療よりも余分に必要です。何もいいことがありません。神経を取ることは患者様にとって一番望ましくない治療のひとつです。
大切なお子様にそんな大変な思いをさせてはなりません。

お子様が「歯が痛い!」とおっしゃったら多くの場合、むし歯菌が神経まで達していることが多いです。こうなると大人と同じように麻酔をして神経を取る治療が必要です。神経を取る治療はチクチクするし、長く歯医者さんに通わなければいけないし、保険治療では銀歯を入れなければならないし、さらには歯自体も弱くなってしまうし、治療費も詰めるだけの治療よりも余分に必要です。何もいいことがありません。神経を取ることは患者様にとって一番望ましくない治療のひとつです。
大切なお子様にそんな大変な思いをさせてはなりません。

お子様の治療に対する配慮

当クリニックでは、まずカウンセリングルームで、お子様の性格やご両親の希望、お悩みなどを伺って、できる限りご希望に添うようにしています。治療はお子様をいかに怖がらせずに嫌がられずにできるかが、治療の質を決める最大のポイントになりますので、いろんなことに細心の配慮をしております。

  • 治療の痛み

    治療の痛み

    たけち歯科クリニックでは治療時の痛みを減らす工夫を多数用意しています。

    なるべく痛みに配慮した治療はこちら

  • 衛生管理

    衛生管理

    どんな小さなお子様でも安心していただけるように、衛生管理を徹底しています。

    衛生管理についてはこちら

  • 低被ばくのレントゲン

    低被ばくのレントゲン

    従来のアナログより低被ばくのデジタルレントゲン機器を導入しています。妊娠中の方にも安心してご利用いただけます。 お口だけでなく、身体にも安心なクリニックを目指しています。

    デジタルレントゲンについてはこちら

  • アニメを観ながら治療

    アニメを観ながら治療

    たけち歯科クリニックの診療台には大型のモニターがあります。レントゲン写真や治療内容をご説明するための写真やアニメーションを映し出すことができます。そのモニターでお子様が大好きなアニメを見ていただきながら治療を行うことができます。お子様に少しでも安心していただくための工夫です。 iPodやiPhoneをお持ちいただければ、お気に入りの音楽をBGMに治療を行うこともできます。また、当院はバリアフリーです。ベビーカーごと診療室にも入っていただくことができます。

  • レーザー診断(ダイアグノデント)

    レーザー診断(ダイアグノデント)

    ダイアグノデントはむし歯の深さを測るレーザー測定機です。この数値を基準にして、歯を削る必要のない初期のむし歯なのか、進行しているむし歯なのかを判断し、必要以上に削らないようにしています。
    レーザー光により歯質の変化を測定するため、探針による触診のように歯質を破壊し再石灰化を阻害する心配がありません。さらに、視診やX線検査などでは見落とされていたわずかな歯質変化も発見できるためより正確な診断が行えます。

忙しいお母様へ

お子様の通院回数を減らすには
定期的なフッ素塗布が効果的です。

多くのお母様は、お子様にむし歯ができてから、もしくは歯が痛くなってから歯医者さんに連れて行かれることが多いのではないでしょうか?実は、こういった場合、お子様には気づかないうちにたくさんのむし歯ができていることがほとんどです。
お子様の場合、集中力が続かない、長い間じっとしていられない、長い間お口を大きく開けられない等の理由で、たくさんのむし歯の治療を一度に行うことは大変むずかしいので、どうしても来院回数が多くなってしまいます。

毎日、忙しいし子供を歯医者に
連れていく時間がない!

定期的なフッ素塗布と予防管理で
お子様をむし歯からなるべく遠ざける
ことが可能です。

  1. POINT 1

    何日もお子様を連れて
    通院しなくてもいい

  2. POINT 2

    お子様の大切な歯を
    削ることが圧倒的に減る

  3. POINT 3

    むし歯に
    なりにくくなる

  • 年に数回だけ定期的にフッ素を塗って、
    むし歯のない状態を維持していく
  • お子様が「歯が痛い」というまで来院し
    ないでおいて、痛みが出てから何度も通
    院する

忙しいお母さまにとって、どちらがよいでしょうか?
むし歯治療が全て終わったら、むし歯ゼロの状態を続けるために定期的なフッ素塗布をオススメします。

すてきなプレゼント!

たけち歯科クリニックからのお願い

『食器』と『お子様の歯』
あなたはどちらが大事ですか?

お母様はいつも家事でお忙しい毎日を過ごされていると思います。お子様が何人もいらっしゃるご家庭ではさらに大変です。
むし歯は食後に歯を磨かないでいると進行しやすくなります。夕食が終わって後片付けをする時に考えていただきたいことがあります。お子様は、夕食後におなかがいっぱいになって歯を磨かずにそのまま眠ってしまうことがよくありませんか?
大事なものを先に洗うべきではないでしょうか。食器は買い替えることができます。しかし、もしあなたの大切なお子様の歯がむし歯になってしまったら、もう取り替えようがないのです。食後の後片付けの前に、まずお子様の歯磨きから初めてみませんか。

「むし歯のないお子様を増やしていきたい」

私たち、たけち歯科クリニックの願いであり、使命なのです。

ゼロ歳からのむし歯予防

ゼロ歳からのむし歯予防

生後6ヶ月頃から乳歯が生え始め、この頃にむし歯菌が赤ちゃんのまわりにいる人から感染します。感染時期が遅ければ遅いほど子どものむし歯になりにくくなります。大切な赤ちゃんにむし歯菌をうつさないために、赤ちゃんのまわりにいる人はお口のクリーニングが必要です。
たけち歯科クリニックでは妊娠中からご夫婦でお口のクリーニングにお越しになるようにお勧めしています。また、乳歯は永久歯に比べてむし歯菌の出す酸に溶けやすいため、むし歯になりやすい特徴があります。特に自分で十分な歯磨きができないうちは、お父様やお母様が仕上げ磨きをしっかりとしていただけるようにお話ししています。

フッ素塗布について

フッ素塗布について

フッ素はむし歯に強い歯をつくる性質を持っています。このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。
①歯をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます。
②脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります。
③フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食を避けます。
 (溜まったつばは吐き出してください。)
これを年に3~4回実施します。ご家庭ではフッ素入りの歯磨き剤の使用がおすすめです。

シーラントについて

シーラントについて

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯ができやすいところです。ここに樹脂でふたをしてむし歯を予防する方法があります。これがシーラントです。
シーラントは歯を削ることがないので安心の予防処置です。