低被ばくのデジタルレントゲンを導入

たけち歯科のデジタルレントゲンは低被ばく型の装置を使用しています。
従来の歯科用アナログレントゲン撮影と比べて1/5~1/10程度の線量で撮影が可能です。

従来のレントゲン撮影に比べて1/5~1/10程度の線量で撮影が可能

従来のレントゲン撮影に比べて
1/5~1/10程度の線量で撮影が可能

治療開始前や治療中の必要性に応じてレントゲン撮影を行います。これは歯やその根、さらにあごの骨に異常がないかを確認したり、歯やあごの骨の位置関係を調べるために行います。これは診断、治療方針の決定や治療経過の確認のために必須の検査です。

レントゲン検査なしに治療を行うことはかえって危険なのです。では、その安全性はどのようなものなのかご説明致します。

  • 新型の低被ばく型デジタルレントゲンの安全性

    新型の低被ばく型デジタルレントゲンの
    安全性

    レントゲンは見えないところを見えるようにする、歯科治療には欠かせない医療機器です。みなさんは、日常生活を送っていながら被爆していることをご存知でしょうか?

    放射線の測定には Sv(シーベルト)と言う単位を用います。日常生活で自然に浴びる放射線が、年間 2.4mSvと言われています。ちなみに、東京からニューヨークまで飛行機で移動した場合、0.2mSvの放射線をあびることになります。

  • 新型の低被ばく型デジタルレントゲンの安全性

    対して 歯科のレントゲンですが、小さいデンタルレントゲン ( 当院使用 )で 1回0.001~0.005mSv、口腔全体が写るパノラマ ( 当院使用 ) でも0.005mSvです ( 歯科のデータはメーカー公表値 )。つまり、デンタルレントゲン1枚は自然放射線の1万~千分の1程度に過ぎません。

    レントゲン撮影によって得られる情報は診断に不可欠で、特に歯と歯の間の虫歯や、歯を支える骨の状態などはレントゲンでしか見ることができません。

    外から見ただけではわからない情報をたくさん得ることができるレントゲンは、安全でしかもとても役に立つものなのです。

    胎児に影響が出る被爆量は約100mSvと言われていますが、デジタルレントゲンの被爆量はその数万分の1です。ですから、妊婦の方でも歯科のレントゲンはほぼ問題にならないと考えてよいと思います。それでもどうしても心配だという方は安定期に治療されるとよいでしょう。

わたしたちは、
必要と思われる検査を
なるべく最小限に行えるように
心がけます。
放射線量
( ミリシーベルト )
歯科の部分レントゲン (当院使用) 0.001 ~ 0.005
歯科のお口全体のレントゲン (当院使用) 0.005
胸部X線集団検診 0.06
胃部X線集団検診 0.6
胸部断層撮影 (CT) 6.9
自然放射線被ばく量 (年間・世界平均) 2.4
ブラジル・カラパリでの自然放射線 (年間) 10
飛行機 (東京~ニューヨーク往復) 0.2
胎児の奇形発生の可能性 100以上
臨床症状発生の可能性 200以上
以上のことから、
たけち歯科クリニックでの
デジタルレントゲン検査は
安心して受けていただける安全な
検査であるということを
ご理解いただきたいと存じます。
  • 矯正の精密検査、セファロ(頭部X線規格写真)について

    矯正の精密検査、セファロ(頭部X線規格写真)について

    頭部 X 線規格写真(セファロ)は、一般の歯科医院にはない、矯正歯科用の特別なレントゲンで、顔の骨格を調べるためのものです。また、経時的に撮影して骨格の成長の変化や歯の移動を観察します。
    特に、横を向いたときのセファロは、矯正治療を始める際に必須となる資料です。
    たとえば、出っ歯の原因は、上のあごが出ているのか、上の歯が出ているのか。 それとも、下のあごが小さいのか、下の歯が引っ込んでいるのか、といったことを、このレントゲンで判断します。
    成長期の患者さんでは、時期の異なる 2 枚の写真から、成長の方向と量を知ることができ、さらには具体的な治療に対する経過もある程度予測することができます。
    また、治療中に好ましくない変化が起きたときに、治療前の写真と比較することで、原因が特定でき、的確な対処ができます。

  • 治療の安全性と正確性の向上、
    より質の高い医療のための歯科用CTについて

    治療の安全性と正確性の向上、より質の高い医療のための歯科用CTについて

    歯の根を治療する根幹治療や歯周病治療に抜歯やインプラントなど、あらゆる歯科治療において CT は活躍します。通常のレントゲンは平面でしか表現されない所を CT では360度どの角度からでも見る事が出来ます。
    CT とは、コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略で、レントゲン撮影のデータをコンピューターで処理、画像再構成を行い、立体的に見せることができる技術です。
    従来のレントゲン画像は、一方向からの影絵のようなものでした。しかし、歯科用 CT を用いることで、歯や顎の骨を三次元的に画像化することで立体的に捉えることができるようになり、従来の二次元的レントゲン画像では重なってしまってはっきりと見ることができなかった部分も、見分けることができます。
    また、顎の骨の厚みや細部の凹凸などを立体的に捉えることもできます。
    そのため従来のレントゲン画像では分からなかった病巣や歯・骨の状態などを様々な角度から見ることができ、より多くの詳細な情報をもとに、より正確な診断を行うことができるようになりました。

  • 歯科用CTの有効性

    歯科用CTの有効性

    歯科用 CT を用いた検査は、難しい親知らずの抜歯、根管治療(歯の根の先の炎症によって痛みや脹れを引き起こす根の治療)、歯周病の治療、顎関節症の診断などで役立ちます。
    また、特に安全性と正確性が求められるインプラント治療では、術前に歯科用 CT による三次元的診断を行うことで、インプラントを埋入する場所の骨の高さや厚み、神経や血管が通っている位置、上顎の空洞(上顎洞)の位置などを精査することができ、より確実で安全な治療計画を立てることが可能になりました。
    さらに、立体的なイメージ画像をお見せすることで、患者さまにご自分のお口の中の状況をより深く理解していたくことができるようになったのです。

  • 歯科用CTの安全性

    歯科用コーンビーム CT は顎と顔面の撮影に特化していますので、胸部などの医科用 CT と比較しても放射線量が少なく、安全性の高い装置として安心してご利用いただけます。
    当院で導入している歯科用 CT は通常の装置と比べて被曝量が約8分の1から10分の1程度で済み、装置もコンパクトです。 短時間で撮影する事が出来、撮影後すぐに鮮明な画像をモニター上で確認する事も出来ますし紙にプリントアウトする事も出来ます。

その他自費治療